鹿児島、宮崎の知的財産権(特許、実用新案、意匠、商標登録)取得、ブランド化、外国支援は、東(ひがし)国際特許事務所にお任せください。
東国際特許事務所
HOME 事務所のご案内 業務のご案内 弁理士紹介 弁理士コラム お問い合わせ



知財コラム

弁理士日記

鹿児島の四季

離島出張記


東 国際特許事務所
HIGASHI PATENT & TRADEMARK OFFICE

〒892-0846
鹿児島県鹿児島市加治屋町18-8
三井生命鹿児島ビル6階

電話番号:099-216-3530
FAX番号:099-216-3570


大きな地図で見る



コラム&ブログ

【第9回】専売特許の日(8/14)

8月14日は専売特許の日。日本で初めての特許法、専売特許条例が施行されて、特許第1号が付与された日(明治18年8月14日)だそうです。

特許第1号は堀田瑞松(ずいしょう)による「さびどめ塗料とその塗法」。Wikipediaによると、堀田瑞松という人は、但馬国(現在の兵庫県の一部)生まれで、日本刀の鞘を漆で塗装する職人の子として生まれ、例の内国勧業博覧会にも出品し、明治天皇に献上し「瑞」の字を賜ったとあります。

堀田の塗料は、鉄製の船の船底の防錆を的とするもので、漆のほか、鉄粉、鉛丹、油煤、柿渋、酒精、生姜を含むものだったそうです。

PDFアイコン日本特許第1号の公報

読みずらいと思いますが、当時の明細書はずいぶんシンプルです。代理人はいたんでしょうか。

当時、特許を申請しようと思ったきっかけは何だったのでしょう。
第1回内国勧業博覧会(明治10年)に出品された臥雲式紡織機(ガラ紡)が最高賞をとったものの、多数の模造品が出回り、十分な利益を回収できなかったことから、その後の専売特許条例の制定につながったという歴史があります。堀田瑞松は内国勧業博覧会に出品したくらいですから、その辺の事情を知っていたのかも知れません。


▲戻る

Copyright (C) 2011-2018 東 国際特許事務所. All Rights Reserved.