鹿児島、宮崎の知的財産権(特許、実用新案、意匠、商標登録)取得、ブランド化、外国支援は、東(ひがし)国際特許事務所にお任せください。
東国際特許事務所
HOME 事務所のご案内 業務のご案内 弁理士紹介 弁理士コラム お問い合わせ



知財コラム

弁理士日記

鹿児島の四季

離島出張記


東 国際特許事務所
HIGASHI PATENT & TRADEMARK OFFICE

〒892-0846
鹿児島県鹿児島市加治屋町18-8
三井生命鹿児島ビル6階

電話番号:099-216-3530
FAX番号:099-216-3570


大きな地図で見る



コラム&ブログ

【第8回】ビジネスモデル特許について

ビジネスモデル特許とは、ビジネスモデルに使用されるシステム発明について認められる特許のことです。従来と異なるビジネスモデルであっても、ビジネスモデル自体に特許が認められる訳ではありません。 特許が認められる対象は発明であり、しかも、通常の発明と同様に、発明の新規性と発明の進歩性が要求されます。

ビジネスモデルは基本的には商取引であり、従来と異なる新しさがあったとしても発明には該当しません。コンピュータおよびインターネットが発達し、電子商取引が行われるようになって、日本でも、アメリカ同様に、ビジネスモデル特許を認めるべしとの議論が生まれました。 かかる議論の後押しもあって、自然法則を利用した技術的思想の創作という発明の成立性を満たすことを条件に、ビジネスモデル発明を肯定し、発明の新規性や発明の進歩性等の他の特許要件を満たすことを条件に、ビジネスモデル特許が認められるようになりました。

経験上、コンピュータを使用したシステムに発明の進歩性が認められる程度の技術上の特徴があればもちろんのこと、ビジネスモデル自体に当業者が思い付かないような特徴が存在する場合は、それを支えるシステムにも発明の進歩性を肯定できる程度の特徴を見いだせる可能性が十分にあり、ビジネスモデル特許が認められる可能性は十分あると思います。

ビジネスモデル特許の取得に是非チャレンジしてみませんか。

▲戻る

Copyright (C) 2011-2018 東 国際特許事務所. All Rights Reserved.