鹿児島、宮崎の知的財産権(特許、実用新案、意匠、商標登録)取得、ブランド化、外国支援は、東(ひがし)国際特許事務所にお任せください。
東国際特許事務所
HOME 事務所のご案内 業務のご案内 弁理士紹介 弁理士コラム お問い合わせ



知財コラム

弁理士日記

鹿児島の四季

離島出張記


東 国際特許事務所
HIGASHI PATENT & TRADEMARK OFFICE

〒892-0846
鹿児島県鹿児島市加治屋町18-8
三井生命鹿児島ビル6階

電話番号:099-216-3530
FAX番号:099-216-3570


大きな地図で見る



知財コラム

【第1回】商標登録はなぜ重要か。

商売をすすめる上で商標登録はとても重要です。商標登録はなぜ重要なのでしょう。

私たちは、商品に付いているマーク(例えばトヨタのマーク)やサービスに付いているマーク(例えばNTTのマーク)によって、その商品が誰によって作られたのか、そのサービスが誰によって提供されているのか、「良い商品」か「良いサービス」か「安心できる商品」か「安心できるサービス」か、などを判断することができます。

この商品やサービスに付けられたマークを「商標」といいます。「商標」は商品の名前であったり、ブランドネームであったり、企業マークであったりします。

もし店頭で売られている商品に付けられた「マーク」が偽物であったり、紛らわしいものであったら、どうなるでしょう。消費者はその「マーク」を信用してあるいは「マーク」に騙されて商品を購入したり、サービスを受けることになります。本来の会社ももちろん被害者ですが、一番の被害者は消費者ということになります。

「商標」は、特許庁に登録し、商標権という独占権が与えられることで、商標の機能(出所表示機能・品質保証機能といいます)が保護され、取引の安全と消費者を守ることができます。偽ブランド品や名前の紛らわしい商品を市場から排除するためには、商標権のもつ行使力が最も大きいと言えます。

1年間に商標登録の出願が12万件以上あるという事実が、商標登録の重要性を一番物語っていると思います。

▲戻る

Copyright (C) 2011-2018 東 国際特許事務所. All Rights Reserved.